積水ハウス契約後の打ち合わせ|外観(外装)の仕様が決定!全貌をパースにて大公開!!

アイキャッチ画像
きむたむ夫婦

皆さん、こんにちは!こんばんは!

積水ハウスで契約中きむたむ夫婦です。
Twitter@kimutamu0724
Instagramiedukuriseikatu_kimutamu

数多くある家づくり系ブログの中から、
きむたむ夫婦の「Blog:ゼロから始める家づくり生活」に来て頂きまして、ありがとうございます!
 
このブログは積水ハウスで建てるには予算ギリギリの私達が「デザイン性」「性能」ともに、とことん拘った最高の家づくりを目指していくブログです!

家づくりの過程を書いたり、またこれから家づくり計画を始める方に向けて私達が家づくりを進めていく過程で経験した事、感じた事など『役に立つ情報』もお伝えしていきたいと思います。


\ 前回の打ち合わせ内容はコチラ⇩ /

打ち合わせも残りわずかと言う状況になってきました。

「間取り」「内装」「設備の仕様」「照明計画・コンセント計画」

これらが決まり、残すは外観(外装)外構の打ち合わせのみになりました。

そこで、今回は外観のお話をしていきたいと思います。

どんな外観になったのか!?どんな外装仕様にしたのか!?

立面図と外観パースを大公開!!

それでは、早速見ていきましょう!

目次
スポンサーリンク

立面図

まずは、東西南北から見た立面図をお見せしていきたいと思います。

東側から見た立面図

こちらはあまり目立たない面なので、室外機や立水栓が置かれる予定になっています。

また、東側に駐車場なので将来的にV2Hシステムを導入する際は、こちらにV2Hスタンドも置く予定にしています。

V2Hシステムとは!?こちら⇩⇩⇩から

隣にも土地があるので、将来的に家が建つ可能性あり。

南側から見た立面図

こちらは南側から見た立面図ですが、何か疑問に思うことはありませんか⁉

普通の家と言うか、今までの家なら当たり前にあるはずの『大きな○○』がありません。

それが何なのか、わかりましたか?

そう!我が家の南側には大きな窓がありません!!

南向きなのに窓は縦長窓1つだけ!!

その理由としては、南側にも将来的に家が建つ可能性があるので、大きな窓を取っても日光が入ってこなくなる恐れが出てくるので、あえて南向きに大きな窓は取らないようになっていました。

きむたむ夫婦

チーフアーキテクトのOさんが土地を読み解き、その土地に合った間取りを考えてくれると信じていたので、お任せしました!

一般的に南向きに大きな窓を取るのが当たり前だと考えている方も多いはず…

そんな方から見れば「大きな窓が無いなんて、部屋が暗くて寒そう」と、感じてしまうかもしれませんね。

この疑問には、実際に生活してみてから答え合わせできたらと思っています。

西側から見た立面図

私達が建築予定している土地は北西角地になります。西側には道路があり、よく見える面になってきます。

なので、「室外機」「換気フード」「竪樋(たてどい)などなど、あまり見えてほしくない物は一切ありません!!

北側から見た立面図

北側には玄関があり、家の顔となる面になります!

北側も西側と同じように道路に面しているので、西側同様にノイズとなる物は一切見えません!!

こう言ったちょっとした事ではありますが、「しっかりと考えてくれているんだなぁ」っと感じます。

それでは、外観パースをお見せしていきたいと思います。

外観パース公開

総二階建てで、形はシンプルですが深い軒と窓の取り方が良く、洗練されたデザインになっています!

また、植栽があることによって、さらにおしゃれ度が増した外観になりました♪

きむたむ夫婦

いや~お洒落でかっこいいなぁ♪
おそらく、周辺のどの家よりもお洒落になるだろなぁ~

ところで、この外観パースを見て

「あれ!?これじゃ家の中丸見えやん!!」って思われた方、ご安心ください。

後でちゃんと目隠しのウッドフェンスをDIYする予定になっています。

ウッドフェンスを付けたら『カーテンを開けっ放しにできる暮らし。』が実現できそうです!

外装の仕様

続きまして、外装の仕様についてお話していきます。

屋根

『カラーベスト・グリシェイドグラッサⅡ / パワーブラック』

・屋根材 ⇨ スレート屋根材

・屋根形状 ⇨ 寄棟

・屋根勾配 ⇨ 2.5寸勾配

・太陽光発電 ⇨ 屋根据置(単結晶48KN)/ 3.92kw

外壁

『ベルバーン(クラフトボーダー柄)/ ソイルチャコール』

・仕上げ ⇨ 陶版仕上げ

・目地 ⇨ 変成シリコンシーリング(低汚染)

・軒先形状 ⇨ 2.5寸軒裏水平

・軒裏 ⇨ R軒裏サイディング:木目 / ライトグレイン2

玄関タイル

『RIVIERA(リビエラ) ストラダーレ / クレイ』

我が家の玄関タイルはこちらに決定!

玄関タイルは外装とは少し違いますが、まだ玄関タイルを紹介していなかったので、このタイミングで紹介することにしました。

1枚300×600角の長方形で、貼っていく予定です。

ちなみに、玄関土間の部分も同じタイルになっています。

余談ですが、打ち合わせでタイルを決める時にチーフアーキテクトOさんから

チーフアーキテクトOさん

きむたむ夫婦さんの為にすごいサンプルをご用意したんですよ!
違う部屋に設置しているので、見て頂けますか!?

そう言われて、ついて行くと

きむたむ夫婦

おぉ~~!すごい!!

めちゃくちゃ立派なサンプルを置く棚が設置されていました!

チーフアーキテクトOさん

こうして置くと見栄えも良くなり、カッコイイので作りました!

私達の為だけではないにしても、私達にタイルのサンプルを見せるきっかけで、こんなに立派な物を作って設置して下さってありがたいです。

これらが主な外装の仕様になります。他にもいっぱい細かい所はありますが、細かすぎるのでこれぐらいにしておきます。


以上、我が家の「外観パースと外装の仕様」大公開でした。

きむたむ夫婦

最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いします!

きむたむ夫婦

Vi ses(ヴィーセス)

      *スウェーデン語で(またね)

応援よろしくお願いします!1クリックで投票できますm(__)m

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次