電気自動車(EV)は蓄電池代わりになる⁉これからの家づくりはV2H導入が主流になる時代へ

アイキャッチ画像
きむたむ夫婦

皆さん、こんにちは!こんばんは!

積水ハウスで契約中きむたむ夫婦です。
Twitter@kimutamu0724
Instagramiedukuriseikatu_kimutamu

数多くある家づくり系ブログの中から、
きむたむ夫婦の「Blog:ゼロから始める家づくり生活」に来て頂きまして、ありがとうございます!
 
このブログは、大手HMで注文住宅を建てるには低予算の私達がデザイン性と性能にもとことん拘った良い家を建てる!!
 
そんな理想を実現させるため「副業で家を建てるぞ!」をテーマに副業を成功させて、最高の家づくりを目指していくブログです!

また、これから家づくり計画を始める方に向けて私達が家づくりを進めていく過程で経験した事、感じた事など少しでも『ためになる情報』もお伝えしていきたいと思います。


今回の内容は…V2Hについてお話していきたいと思います。

たむ

V2Hってなに?聞いたことすらないんだけど…

このように思わている方もまだまだ多いのではないでしょうか?私達も全然、知りませんでした。

ですが、安心して下さい!この記事を読めばV2Hとは何なのか分かるはずです!

では、なぜ今回V2Hの事を記事に書こうと思ったのかと言いますと、

私達は、どんな家を建てたいか。と考えていた中で要望の1つとして災害に強い家にしたいと言う思いがありました。

私達が思う『災害に強い家』とは、大地震が起きても倒壊しない。巨大台風が来ても雨漏れや強風にもびくともしない。まずは、これらが大事で必須条件だと思っています。

そして、さらに『災害に強い家』を求めると災害が起きた後の事も大事です。

災害が起きた後、家が無事でも停電する可能性がありますよね!?

停電になったら地味に困りませんか?

  • 電気は点かない。
  • 冷蔵庫も止まると食品が傷む。
  • エアコンが使えない。
  • スマホの充電ができない。

などなど、生活に支障をきたします。

そこで、災害が起きた後の停電時でも自分の家で住み続けれるそんな家づくりをしたいと思います。

そんな家を実現するために『蓄電池の導入』も考えました。

私達は太陽光発電を付けると決めているので、蓄電池があればさらに、さらに『災害に強い家』が出来ると思いました。

ですが、予算的に蓄電池を導入する余裕がなく一旦保留に…最終的な見積もり額が決まってから再度検討することに・・・

そして、そんな家づくりを進めている中、車の買い替えのタイミングも迫って来ています…

家づくりを始める前から次に車を買うなら電気自動車(EV)にしたいと思っていました。

そこで、ふと思ったことが

きむ

電気自動車を蓄電池代わりとして使えたりするのでは!?

と、何の根拠も知識も無いただの思いつきでした。

もし、電気自動車を蓄電池の代わりとして使えるなら、車の買い替えと蓄電池導入この2つ問題が電気自動車に乗り換える事で解決するのでは!?まさに一石二鳥!

そう思い調べてみたところV2Hシステムと言うものがあると知って、色々と調べてみました。

すると、ニチコン株式会社の『EVパワー・ステーション』と言う製品がシェア№1だと知りました。

そこで今回は、こちらのV2Hシステムをベースにお話していきたいと思います。

私達と同じように、

  • 災害に強い家にしたい。
  • 非常時の給電システムが気になる。
  • 電気自動車(EV)を購入検討されている。
  • V2Hがどう言ったシステムなのか気になる。
  • 蓄電池は必要!?

などなど、このように思う方にオススメの記事になっておりますので、是非とも最後までご覧ください。

前置きが長くなってしまいましたが、それでは本題に参りましょう!

この記事で分かるコト
  • V2Hとはどんなシステム・仕組みなのか。
  • V2Hに必要な機器・設備は?
  • V2H導入にかかる費用の目安
  • 各自動車メーカーのV2H対応車種
  • V2Hのメリット・デメリット
目次
スポンサーリンク

V2Hとは?

V2Hとは、Vehicle to Home(ビークル・トゥ・ホーム)の略だそうです。

きむ

それならVTHじゃないの!?

と、思ったのは私だけでしょうか?(笑)

なぜ、toの部分が2なのかは分かりませんが…まぁそこは特に重要ではないのでスルーしていきます。

Vehicle to Homeとは、『Vehicle(車) to (から)Home(家)へ』を意味する言葉で、

EV(電気自動車)PHV(プラグインハイブリッド車)家を繋げて、EV / PHV に蓄えた電力を家庭で有効活用するためのシステムです。

要するに、電気自動車を家庭用蓄電池として利用し、V2H機器を介して車と家の間の電気を往復できて、無駄なく効率的に電気を使うことで、光熱費を抑えられます!

たむ

お財布にも環境にも優しいシステムだと言うことだね!

V2Hの仕組みについて

続いては、V2Hの仕組みついてです。

V2Hシステムは、電力会社から供給される電力や太陽光発電した電力を電気自動車に充電することと電気自動車に蓄えた電力を家に放電して家で使用できる。と言った仕組みになっています。

V2Hには蓄電池としての機能は無く電気の変換器としての役割を担っています。(蓄電池機能があるV2H機器もあるそうです。)

家庭で使う電気は交流で、電気自動車で使う電気は直流なので、V2Hを使って変換さています。

V2Hで変換しなければ家から車への充電もできませんし、車から家への給電しても家庭で使用することはできません。(V2Hがない場合は家庭用電源100V/200Vのコンセントから車に充電可能。)

また、そもそもV2Hがなければ電気自動車に蓄えた電力を家に給電する事ができないので、電気自動車を蓄電池代わりと考えている方はV2Hシステムは必要になります。

V2Hは無しで太陽光発電と電気自動車はある・検討している方は家から車への充電は可能ですが、車から家への給電はできないので注意しましょう!

きむたむ夫婦

一旦、ここまでの事をまとめますね。

  • V2Hとは、Vehicle(車) to (から)Home(家)へ(ビークル・トゥ・ホーム)の略
  • EVやPHVと家を繋げて、EV / PHV に蓄えた電力を家庭で有効活用するためのシステム
  • V2Hは蓄電池ではなく変換器。(一部の製品に蓄電池機能搭載も有り。)
  • V2HがあればEV / PHVに蓄えた電力を家でも使える。
  • V2Hがなければ家からEV / PHVに充電するのみ。

V2Hに必要な機器・設備

V2Hを設置する際にメーカーをニチコンのEVパワー・ステーションで考える場合でお話していきますね。

ニチコンのEVパワー・ステーション

EVパワー・ステーションで必要な機器・設備は3つあります。

① V2H機器

出典:ニチコン株式会社のカタログより

先ほども説明したように、EVやPHVで使用する電気は「直流」です。一方で家庭で使用する電気は「交流」なので、EV/PHVに蓄えた電気(直流)はそのままの状態では家庭で使用することはできず、「交流」に変換する必要があります。

その変換してくれるのが、V2H機器です!なので、言わずもがなですがV2H機器は必須ですね。

② V2H対応のEV(電気自動車)かPHVプラグインハイブリッド車

EV/PHV

全ての電気自動車がV2Hに対応しているわけではないようです。また、V2Hをどのメーカーにするかによって対応車種が異なる場合もあるそうなので、V2Hを導入する際は注意が必要ですね。

③ 太陽光発電システム

太陽光発電システム

V2Hを導入するにあたって、太陽光発電システムは必須条件ではありません。

①のV2H機器と②のEV/PHVがあれば、家庭用の電気からEV/PHVに充電できて、蓄えた電気を家庭でも使用することができます。

ですが、

太陽光発電システムも同時に活用することによって、太陽光発電システムで作った電気を家庭でもEV/PHVの充電にも利用できるので、電力会社から電気を買う量を削減できます。なので、さらに電気代の節約にもなります。

たむ

それなら家計も助かるね

きむ

すでに太陽光発電を利用している家庭で
EV/PHV購入を検討しているなら、
V2Hを導入するのがオススメだね。

V2H導入費用はいくらかかる?

たむ

V2Hが良いのは分かったけど、
導入するにはいくらぐらいかかるの?

何もない状態からV2Hを導入する場合、「V2H本体」「EV/PHV本体」「太陽光発電システム」それぞれに費用がかかります。

それに加えて、設置工事費用もかかってきます。

また、設置する機種や配線の長さ、充電ケーブルの長さによっても費用は変わってきます。

V2H機器の本体価格

ニチコンのEVパワー・ステーションの場合は『スタンダードモデル』と『プレミアムモデル』があります。

出典:ニチコン株式会社カタログより

この表を見る限り、スタンダードモデルの方はケーブルの長さで価格が違ってきます。
一方でプレミアムモデルはWi-Fi仕様かLAN仕様かで価格が変わってますが、さほど価格差はありません。

EV/PHVの本体価格

EV/PHVの本体価格は、当然ながら選ぶ車種によって価格は変わってきます。

価格.comで電気自動車で調べた結果、約150万円~約800万円。さらに、1000万円を超える車種もありました。

さすがに500万円以上する車を買える方は多くはないと思いますので、大体150万円~400万円くらいの車種を選ばれるのではないかと思います。

太陽光発電システムの価格

太陽光発電システムを導入するにあたって必要になってくるのが、ソーラーパネル以外にもパワーコンディショナーや分電盤と言った様々な設備が必要になります。

また、ソーラーパネルの容量によっても価格は大きく左右されます。

それを踏まえた相場は約84万円~約140万円と言われているそうです。

V2H導入にかかるトータルの費用は

低価格の物を選んだ場合高価格の物を選んだ場合
V2H本体価格498,000円801,000円
V2H設置工事費約30万円~40万円約30万円~40万円
EV/PHV本体価格約150万円約400万円
太陽光発電システム約84万円約140万円
太陽光発電システム
の工事費
約7万円約7万円
トータル約320万円約667万円

こちら費用はあくまでも目安に過ぎません。導入を検討される際は一度、見積もりをお願いしましょう。

\ ご相談・お見積りはこちら⇩から /

各自動車メーカーのV2H対応車種は?

全ての電気自動車がV2Hに対応しているわけではありません。

そこで、各自動車メーカーのV2H対応車種をまとめましたので、見ていきましょう!

※価格はグレードやオプションによって上下すると思います。

日産のV2H対応車種

日産のV2H対応車種はコチラ⇩(2022年8月現在)

V2H対応車種リーフ
価格約370万円~約480万円
蓄電容量
(バッテリー)
40kwh、62kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約322㎞~450㎞
日産HPより参照
V2H対応車種e-NV200
(現在は生産終了)
価格
(価格.comより)
約460万円~約485万円
(中古車129万円~440万円)
蓄電容量
(バッテリー)
40kwh
一充電走行距離
(JC08モード)
約300㎞
日産HPより参照
V2H対応車種アリア
価格
(価格.comより)
約539万円~約790万円
蓄電容量
(バッテリー)
66kwh、91kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約470㎞~610㎞
日産HPより参照
V2H対応車種サクラ
価格
(価格.comより)
約233万円~約294万円
蓄電容量
(バッテリー)
20kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約180㎞
日産HPより参照

トヨタのV2H対応車種

トヨタのV2H対応車種はこちら⇩(2022年8月現在)

V2H対応車種bZ4X
価格
(価格.comより)
約600万円~約650万円
蓄電容量
(バッテリー)
71.4kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約559㎞
トヨタHPより参照
V2H対応車種プリウスPHV
価格
(価格.comより)
約338万円~約401万円
(中古車65万円~395万円)
バッテリー8.8kwh
EV走行距離
(WLTCモード)
約60㎞
約30㎞
トヨタHPより参照
V2H対応車種MIRAI・FCV(停電時のみ)
価格
(価格.comより)
約710万円~約860万円
(中古車139万円~759万円)
バッテリー1.2kwh
一充填走行距離
(WLTCモード)
約750㎞~850㎞
約135㎞/kg~152㎞/kg
トヨタHPより参照

三菱のV2H対応車種

三菱のV2H対応車種はこちら⇩(2022年8月現在)

V2H対応車種アウトランダーPHEV
価格
(価格.comより)
約462万円~約532万円
(中古車88万円~606万円)
蓄電容量
(バッテリー)
13.8kwh20kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約57.6㎞~87㎞
燃料消費率
(WLTCモード)
約16.4㎞/L~16.6㎞/L
V2H対応車種エクリプスクロスPHEV
価格
(価格.comより)
約384万円~約451万円
(中古車275万円~439万円)
蓄電容量
(バッテリー)
13.8kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約57.3㎞
燃料消費率
(WLTCモード)
約16.4㎞/L
V2H対応車種eKクロスEV
価格
(価格.comより)
約146万円~約293万円
(中古車83万円~179万円)
蓄電容量
(バッテリー)
20kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約180㎞
V2H対応車種i-MiEV
(現在は生産終了)
価格
(価格.comより)
約226万円~約398万円
(中古車37万円~194万円)
蓄電容量
(バッテリー)
10.5kwh~16kwh
一充電走行距離
(JC08モード)
約120㎞~172㎞
V2H対応車種MINICAB-MiEV VAN
(現在は生産終了)
価格
(価格.comより)
約243万円~約245万円
蓄電容量
(バッテリー)
10.5kwh~16kwh
一充電走行距離
(JC08モード)
約110㎞~150㎞

ホンダのV2H対応車種

ホンダのV2H対応車種はこちら⇩(2022年8月現在)

V2H対応車種Honda e
価格
(価格.comより)
約451万円~約495万円
(中古車377万円~459万円)
蓄電容量
(バッテリー)
35.5kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約259㎞~283

スバルのV2H対応車種

スバルのV2H対応車種はこちら⇩(2022年8月現在)

V2H対応車種ソルテラ
価格
(価格.comより)
約594万円~約682万円
蓄電容量
(バッテリー)
71.4kwh
一充電走行距離
(WLTCモード)
約460㎞~530

V2Hのメリット・デメリット

V2Hがどんなシステムなのか、費用はいくらぐらいかかるのか、対応車種はどんなものがあるのか。

これらが分かったところで、V2Hのさらなるメリットをお伝えします。一方で、当然ながらデメリットもありますので、そちらもお伝えしていきたいと思います。

メリットデメリット
光熱費を削減できる。
EV/PHVが蓄電池の代わりになり、災害時の非常用電源として使える。
定置型蓄電池を買うよりもお得に大容量の蓄電池が手に入る。
EV/PHVへの充電時間が短縮できる。
高額な初期費用がかかる。
EV/PHVを日中使う方はV2Hのメリットをフル活用できない。
V2Hに対応している車種がまだ少ない。
EV/PHVのバッテリーの劣化やV2H本体の寿命がある。
V2Hを設置するスペースが必要。

以上が、メリット・デメリットになります。

それでは、メリット・デメリットともに1つずつ解説していきたいと思います。

V2Hのメリット

光熱費を削減できる。

V2Hを導入するにあたって、日常での最大のメリットは光熱費を節約できることではないでしょうか。

電気自動車への充電は「太陽光発電で作った電気の余剰電力」や「電気代が比較的安い深夜帯」を使って充電します。

そして、電気代の高い時間帯に電気自動車に蓄えた電力を家に放電して使うことによって、効率的に有効活用し電気代の節約に繋がります!

また、電気自動車を家で充電できるのでガソリン車で言うところのガソリン代がかからないので、かなり経済的に助かります。

EV/PHVが蓄電池の代わりになり、災害時の非常用電源として使える。

今までは、非常時の電源確保に定置型蓄電池と言うのが当たり前でした。

ですが、V2Hを導入すればEV/PHVが蓄電池の代わりになる時代が来ています!!

まさに、走る蓄電池

定置型蓄電池を買うよりもお得に大容量の蓄電池が手に入る。

電気自動車とV2Hを購入すれば定置型蓄電池を購入するよりもお得に大容量の蓄電池が手に入ります。

なぜなら、一般的な定置型蓄電池は1kwhあたりの単価は約15万円~20万円程度してきます。さらに高額なものになると30万円するものも・・・

一般家庭の1日の平均消費電力は10kwh程度と言われています。それを賄おうと思い10kwhの蓄電池を購入しようと思うと約150万円~300万円もかかってきます。

このように高額になってしまうので、5kwh~7kwhを購入する方が多いみたいです。それでも、約75万円~210万円もします…

一方で、電気自動車も高額ではありますが、バッテリー容量が小さいものでも10kwh~20kwhありますし、大きいものになると40kwh~90kwhもあります。

なので、定置型蓄電池10kwhに200~300万円出すくらいなら、日産のリーフ・サクラや三菱のeKクロスEVを購入した方が蓄電池容量も大きいですし、蓄電池としてだけではなく移動手段にも使えるので個人的には物凄く魅力的でオススメだと思います。

EV/PHVへの充電時間が短縮できる。

V2Hを導入することで、一般的な普通充電200V(3kwh)で充電すよりも2倍の速さで充電ができます。

仮にバッテリー10kwhの電気自動車に普通充電(3kwh)だと約200分かかるとすると、V2Hを使用した場合は100分で充電が出来ます。充電時間が約半分に!!

V2Hのデメリット

高額な初期費用がかかる。

上記にあったV2H導入にかかるトータル費用の目安を見て頂ければ分かるように、ゼロから全て揃えようと思うと約300万円~約700万円程かかってきてしまいます。

光熱費が削減できるのはとても魅力的だとは思いますが、導入にかかる費用のせいで生活が苦しくなってしまうと本末転倒だと思うので、本当に必要かどうか冷静に考えて検討していただければと思います。

EV/PHVを日中使う方はV2Hのメリットをフル活用できない。

これがどう言う事かといいますと

日中、仕事等で自宅に電気自動車が無いライフスタイルのご家庭だと、太陽光発電の余剰電力を電気自動車に貯めておいて夜に電気自動車から家に給電し電気を使う。と言うことができません。

もちろん、余剰電力は売電できるので全く無駄になると言うことはありませんが、売電価格が下がっている、今後も下がると考えられているので、売電するよりも自家消費した方がいいかもしれませんね!

この対策としては、電気自動車にプラス定置型蓄電池を設置すると言う方法があります。

これだと、自宅に電気自動車が無い時には一旦、定置型蓄電池に余剰電力を貯めておき、自宅に電気自動車が戻って来たら蓄電池から電気自動車に充電する。このようの方法もあります!

ニチコンには「EVパワー・ステーション」とは別にトライブリッド蓄電システムと言うものがあるので、詳しくはニチコンのサイトをご覧ください。

V2Hに対応している車種がまだ少ない。

上記で紹介した14車種が全てではありません。他にベンツと言った高級自動車メーカーや外車のメーカーにもV2H対応の車種はあると思いますが、それでも選べる車種は少ないです。

希望の価格、大きさ、デザイン等がバッチリ合う車種が無い場合も多々あるかもしれません。

これに関しては、今後たくさんV2H対応の車が発売されると思うので、今すぐではなく将来的にV2H導入を考えている方は大丈夫ではないかと思っています。

EV/PHVのバッテリーの劣化やV2H本体の寿命がある。

スマホを新品に変えた時は充電の持ちが良かったのに、2年近く使っているとバッテリーが劣化して充電の減りが早い。そんな経験ってありますよね!?

EV/PHVやV2Hも同じでバッテリーの劣化し寿命があります。

こちらに関してネットで色々と調べてみたところ

EV/PHVとV2Hが発売され普及し始めてから、まだ日が浅いため故障の頻度や寿命について詳しいデータがないので、正確な寿命(交換時期)は明確にされていません。

V2Hと同じ仕組みの太陽光発電システムや家庭用蓄電池のパワーコンディショナーの寿命は約10年~15年と言われているので、V2Hも同じぐらい使用できる可能性は高いと考えられます。

電気自動車のバッテリーの寿命は、状況にもよりますが8年又は16万㎞が目安になると言われています。

V2Hを設置するスペースが必要。

ニチコンのEVパワー・ステーションの場合だと下記の写真のサイズ感になります。

出典:ニチコン株式会社HPより
出典:EVパワー・ステーションHPの
銀シャリの「V2Hシステム」紹介動画
より

どうですか!?なかなかの大きさがありますよね…

さらに、修理などする場合の為にメンテナンススペースを確保する必要があります。なので、V2H本体がギリギリ入るスペースだけでは設置できない可能性もあります。

家づくりを考え始めの段階でV2H導入も計画されているなら、V2Hを設置できるスペースをしっかり計画することも必要になってきます。

これからの時代の流れは?

売電価格は年々下がっていて、その一方で電気料金は年々上昇傾向にあります。

そのため、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)の期間10年を終えていなくても自家消費した方が経済的な時代が来るかもしれないと言われています。

政府も「2050年カーボンニュートラル宣言」や「グリーン成長戦略」など、蓄電池の活用・電気自動車の普及拡大を推進しています。

更に、2030年までに新築戸建ての6割に太陽光発電を付けると言う目標まで掲げています。

また、自動車メーカーも電気自動車に舵を切り始めているので、近い将来V2Hシステムが当たり前になり、電気は自給自足する時代がもうすぐそこに来ていると感じました。

まとめ

V2Hシステムとは⇩⇩⇩

  • V2Hとは、Vehicle(車) to (から)Home(家)へ(ビークル・トゥ・ホーム)の略
  • EVやPHVと家を繋げて、EV / PHV に蓄えた電力を家庭で有効活用するためのシステム
  • V2Hは蓄電池ではなく変換器。(一部の製品に蓄電池機能搭載も有り。)
  • V2HがあればEV / PHVに蓄えた電力を家でも使える。
  • V2Hがなければ家からEV / PHVに充電するのみ。

V2Hシステム導入にかかる費用の目安⇩⇩⇩

低価格の物を選んだ場合高価格の物を選んだ場合
V2H本体価格498,000円801,000円
V2H設置工事費約30万円~40万円約30万円~40万円
EV/PHV本体価格約150万円約400万円
太陽光発電システム約84万円約140万円
太陽光発電システム
の工事費
約7万円約7万円
トータル約320万円約667万円

V2Hシステムのメリット・デメリット⇩⇩⇩

メリットデメリット
光熱費を削減できる。
EV/PHVが蓄電池の代わりになり、災害時の非常用電源として使える。
定置型蓄電池を買うよりもお得に大容量の蓄電池が手に入る。
EV/PHVへの充電時間が短縮できる。
高額な初期費用がかかる。
EV/PHVを日中使う方はV2Hのメリットをフル活用できない。
V2Hに対応している車種がまだ少ない。
EV/PHVのバッテリーの劣化やV2H本体の寿命がある。
V2Hを設置するスペースが必要。

以上、私達が気になっているV2Hシステムについてでした!

この記事を最後まで読んでみて、いかがでしたか?

「V2Hの事が何となく分かった!」「V2Hの良さ・魅力さが理解できた!」「V2H導入を検討してみようと思った!」などなど、皆それぞれ感じたこと思ったことはあったのではないでしょうか。

この記事を読んで少しでも参考になった!と思ってもらえると幸いです。

私達も予算があればV2H導入をしたいと考えています!ただ、家が建つと同時には厳しいと思っているので、いずれ導入する時に備えて準備はしときたいと思います。

きむたむ夫婦

最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いします!

きむたむ夫婦

À la prochaineアラプロシェンヌ

      *フランス語で(またね)

応援よろしくお願いします!1クリックで投票できますm(__)m

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次